メインイメージ画像

長期間働き続けたいのならアルバイト先の信頼を勝ち取る


アルバイトでも、やりたかったペットショップのアルバイトに就けたならば、なるべく長期間働き続けたいと思うかもしれません。長期にわたり勤務するため気をつけることは、勤務先でちょっとでも信用を得られるように頑張って働くことではないでしょうか。凡ミスをなくし、任された仕事をきちんとすること、客・取引先は当然のこと、上司、同僚などにもちゃんと挨拶すること、時間を守って行動すること、雑務等業務以外の仕事も職場の人と一緒になって出来る範囲でやってみる等、少しでも頑張れることならやってみればいいでしょう。少しでも心掛けることがアルバイト先での信頼につながっていくのではないでしょうか。仕事を決めるときに一番重要になってくるのが、収入でしょう。

確かに、収入は大事ですが、それに固執して職場を選択することは良くないことです。通常より時給が高いアルバイトは、仕事の種類をよく確認しなければいけないでしょうし、労働時間も不規則なことがあるのです。また、交通費が時給に含まれているという場合もよく聞かれるので、募集条件などをよく読んで、決めるようにすることです。仕事内容と時給、待遇などをまとめて、自分にマッチしたアルバイトを選ぶことが重要なのです。アルバイトとして勤めているような場合でも、雇用保険に加入することができるのでしょうか。

イメージ画像

もしも週20時間以上、入社してから31日以上勤務しているのであるならば、正社員やアルバイトに関係無く、雇用保険には加入しなければいけないのです。退職した後の失業手当も、社員やアルバイトに関わらず給付されます。新しくアルバイトやパートとして勤める際は、自分自身の勤務する時間や契約している期間を再確認して、雇用保険に加入できるか前もって確認をしておくことが大切です。正当な理由がなくても雇用保険に入らせて貰えないという時は、罰則の対象となるため、そのような会社では働かない方が良いかもしれません。

アルバイトを選ぶときにとりあえず考えるのは、どの場所で働くか、ということではないでしょうか?企業の募集条件には一月にいくらまでなら通勤費を支給します、ということが表示されているので、その通勤費内の距離で探すことになります。自腹で通勤費を払うようなことは、かなりのアルバイトでないと、おすすめできません。その人の今後のために必要なものや、交通費分の時給が下がってもしなければならない業務内容であれば話は変わります。募集要項で、通勤費がいくらまでの支給であるかを調べることが不可欠です。

更新情報